資格認定講座について

 

日本健康食育協会では、資格を取得する事を目的にするのではなく、資格取得をスタートとし、その資格を生活やビジネスに活かすことを目的に、資格認定講座「健康食育マスター講座」を主宰しております。

(本講座の特徴)

(1)資格を活かし、ビジネスに展開するノウハウまでを一貫して学べる。
(2)日本健康食育協会が監修する「食実践スクール」や「若玄米リセットプログラム」など、所定の研修を修了することで、先生としてすぐに活動できるコンテンツがある。(※コンテンツ使用には別途契約や条件があります)
(3)健康にかかわる栄養学の周辺知識を、経験につなげる工夫がされたカリキュラムなので、健康相談、食アドバイスなどの現場で即役立つ。
(4)健康食育シニアマスター資格者のコミュニティー「食育の答」研究会で、最新情報、各種研修など充実したフォローアップ体制が受けられる。

2つの認定資格

「健康食育マスター講座」はあなたの目的に合わせて

「健康食育ジュニアマスター」

「健康食育シニアマスター」 

の2つの認定資格があります。

「健康食育シニアマスター」の受講には、「健康食育ジュニアマスター」資格を保有していることが必要です。
両資格をセットで受講することもできますので、ご希望の方は事務局までお問合せください。
→事務局に問い合わせる。

 


「健康食育ジュニアマスター」

健康実現に必要なことを多角的に学び、健康のために何を変え行動すればよいか判断力を身につける講座です
健康を実現に何が必要か理解するため、「食」「体」「メンタル」「運動」「睡眠」など体系的に学ぶと同時に、食を取り巻く環境についても学びます。

「健康食育ジュニアマスター」のカリキュラム詳細はコチラ

(この資格を取得すると)
知識を「学ぶ」「活かす」ことによって、現在の業務にプラス の価値を創出できる
「禁止・制限・がまん」のない方法で、自身や家族などの日常の健康づくりに活かせる
栄養や特定の食材の勉強だけでは実現しない健康のノウハウを習得できる

’(こんな方にお勧め)
・栄養士・管理栄養士資格を活かして復職を考えている人
・自分や身近な人の体質改善をしたいと考えている人

 


「健康食育シニアマスター」

健康食育を「わかりやすく伝え・教える」ため、単に栄養や食に関する知識だけでなく、人々の健康に貢献し、成果を導く指導力を身につける講座。人の行動を変え習慣化させる行動科学や、睡眠・体の仕組みなど、健康にまつわる周辺知識を学びます。
※受講条件「健康食育ジュニアマスター」資格を保有していること。

「健康食育シニアマスター」のカリキュラム詳細はコチラ

(この資格を取得すると)
日本健康食育協会監修「食実践スクール」を開講できる
様々な企業のセミナー講師として登壇できる
 ※協会が定める研修(講師力養成講座)とスキルチェックに合格後の活動となります。
健康食育のスペシャリストとして、企業や個人へアドバイスができる
 当講座のカリキュラムは、上場企業を含む200社以上の企業研修に採用されています。
 B to Bビジネス、個人へのカウンセリングに活かしてください。
健康経営企業として、企業価値をさらに高めることができる
 飲食店、幼稚園や保育園、生活インフラ提供企業(電気、ガス、住宅、セキュリティなど)、 また化粧品会社、薬局など健康に関わる事業にとどまらず、「社員の健康」という観点から、 健康食育に力を入れている会社としてのブランディング、イメージアップを図ることができます。
「健康改善」をサービス化することができる
 医療や福祉、子どもや女性、ビジネスマン、高齢者向けのサービスの一環として、健康改善のサービスメニューを新しく導入することができます。
 また、企業の福利厚生として働く人の健康管理などに活かすこともできます。
既存サービスの品質向上や新商品 (コンテンツ)を開発できる
 たとえば、整体業を営まれている場合「整体+体質改善」をサービスとして導入することができます。
 エステサロンであれば「外側だけでなく、身体の内側からもきれいになりましょう」というアドバイスも可能でしょう。
 クリニック、学習塾、サロン、スポーツジムなど経営にも、すぐ活用することが可能です。

(こんな方にお勧め)
・健康や食のアドバイス力を強化したい人
・セミナー講師など、健康と食を軸に人々の健康に貢献したい人

※健康食育シニアマスター資格は、一般社団法人 日本健康食育協会および一般財団法人 生涯学習開発財団が認定する資格です。
※健康食育シニアマスター資格は、一般社団法人 楽習フォーラム推進協議会の会員登録が必要になります。

 


資格取得後のフォロー体制について

食育の答 研究会

日本健康食育協会では、健康食育シニアマスターを取得された方を対象とした会員制の組織”食育の答 研究会”(以下、「研究会」)を運営しています。

※研究会は、加入任意の有料会員制組織です。

資格取得後も、健康食育シニアマスターをサポートするため、研究会内でさまざまな情報や活動機会の提供を行っています。
資格取得者の悩みを解決し、全国で活躍する志の高い仲間の刺激を受けながら自己成長が加速するコミュニティとしての役割を担っており、生涯学習の指導者としてさらなるレベルアップを図っています。

研究会に関する詳細はコチラ(coming soon)

 

【期間限定】ビジネスコース2019

日本健康食育協会では、資格を仕事に活かしたいビジネス実践者のための特別なコース「ビジネスコース」を開催しております。

「ビジネスコース2019」の詳細はコチラ

 

 

代表理事 柏原ゆきよ ご挨拶

 

「知識」は、経験を伴わなくても身に付きますが、「実践」しなければ理解できない事もありますし、「経験」したからこそ生まれる説得力があります。
つまり、「知識」をうまく活用するには、「実践」や「経験」につなげることが必要だと私たちは考えています。
そして、「実践」や「経験」によるつながりは、想像力を広げ、創造する力をもたらします。
創造性をもつことは、新たなものを生み出すことができるはずです。
だからこそ、私たちは「実践」「経験」のし易さ、継続のし易さを意識したカリキュラムを2006年から資格講座として開発・運営しています。

・「健康食育」分野で新たに起業し活躍したい
・今の仕事の内容に「健康食育」の要素を加え、新たな分野をビジネス展開したい
・自身のビジネスの差別化のために、「健康食育」を学び、人々の健康に貢献したい

人々の「健康」に貢献するビジネスや活動に対して「想いのある」仲間をひとりでも多く増やしたいと考えています。

 

もっと詳しく内容を知りたい方へ 

個別相談

健康食育マスター講座のカリキュラムについて

「具体的な受講スケジュールを相談したい」
「カリキュラムについてもっと詳細を聞きたい」
「資格取得後の活かし方などについて知りたい」
「この講座を会社の研修に導入したい」

など、ご質問や相談したいことなどございましたら、
事務局にて個別相談を承っております。
※電話やメールをはじめ、当協会事務所で対面での相談も可能です。

個別相談をご希望の方は、こちらのフォームからお問い合わせください。

どうぞ遠慮なく、事務局までお問合せください。