サロン経営者・施術家・医療関係者・栄養士・「健康」を強みにさらにビジネスを伸ばしたい方へ 健康食育プロデューサー養成コース 2017

※この講座は、「社会に役立つことをしながらお客様、スタッフ、家族など大切な人たちに喜んでもらい、経済的にもより豊かになるために食・健康ビジネスをもっと頑張りたい」という真剣な方、「流行に左右されず長期的な視点で食と健康の大切さを伝えていきたい」という方のための特別講座です。

 

(注)期間&人数限定の募集となります。

 

今すぐ講座に申し込む

 

 

 

こんにちは。日本健康食育協会の柏原ゆきよです。

 

あなたは、2035年に日本国民の33.4%(3人に一人)、2060年には約40%が65歳以上の高齢者となる社会が到来すると言われているのは知ってますか?

 

これに直接関わる課題として医療費や介護福祉費の削減だけでなく、偏ったヘルシー志向やそれに伴う食産業の衰退、子どもたちの体内機能の弱化など、社会全体で解決していかなければならないことが増える中、今このページを開き「人々の健康の実現」というテーマに関心を抱いているあなたは、これからの時代の先を見る目があるといえるでしょう。

 

私たち人間にとって、年齢を重ねてもいつまでも健康で元気いることは、

生涯を通じ幸せに生きるために最も大切な要素です。

そして、「身体は自分が食べたものでできている」といわれるように、

健康維持において’食’は、切っても切り離せないぐらい密接に関係しています。

 

その証拠に、

いつの時代も巷では「〇〇健康法」や「〇〇ダイエット」などのメソッドや

「食べてはいけない食品リスト」など、ネット上にも書店にもさまざまな情報が溢れています。

 

また、ヘルスケアビジネス自体の市場規模は
2020年には26兆円、2030年には37兆円まで拡大するとされており、

これからも食・健康分野の社会的ニーズは高まり、活躍できる環境はますます整っていくといえるでしょう。

 

 

 

一人で成果を出すのは難しい?

 

その一方で、あなたは食や健康分野の仕事について、こんな風に感じたことはありませんか?

 

なんとなく真面目で堅苦しい

・一般の人にきちんと理解してもらうのが難しい

・何かを制限するような偏ったヘルシー志向が、なんだかファッションや

 流行化しているように見える

・ボランティア的活動ばかりで、どうやって収益化するのかわからない

・「健康改善=栄養素・カロリーコントロール」だと思われているけど、

 それだけでは成果が出ない気がしている

 

さらに今、すでにこのように悩まれているかもしれません。

 
 

「どんな方法なら継続的な健康効果を出せるのかわからない」

「色々試したけど、思うようにお客さんの望む結果に結びつかなかった」

「セミナーやサービスもボランティア(無償)または安価で提供していて、

 とてもビジネスとは言い難い」

「NPOや公的サービスのイメージが払しょくできず、どうやって売上を

 アップしていいのかわからない」

 

私は食・健康業界に20年程いてこれまで多くの相談も受けていますが、

実際にこのような声もたくさんいただいていました。

 

せっかく「人々の不安を解消し、健康のために自分の力を尽くしたい」という想いで

独立起業したり今の仕事を選択したのにもかかわらず、

これ以上どうやって自分のビジネスを伸ばし、さらに収入を増やしていいのかわからない

 

という方も多いようです。

しかしそれはある意味、仕方がなかったのかもしれません。なぜなら、

 

「食や健康の知識は教えられても、

 その後、仕事として安定して継続できるノウハウを教えてくれる先生がいなかった」

 

からです。さらに、

 

食や健康ビジネスを軌道に乗せ収益化できない大きな理由は、

「たくさん知識や目新しいメソッドを学んで理論武装さえすれば、

行動しなくても仕事も収入アップも叶う」と多くの人が考えていることにもあります。

 

人が何かを学ぶとき、二つの理由があると思います。

一つは「自分の見聞を広げて、人生を豊かにするため」

そして「これを学んだら、今後の利益(収入アップや人に対する貢献度アップなど)になるんじゃないか」

という理由。

 

しかし、世の中の多くの食・健康分野の学びは、

専門知識は提供してもその後の「利益」つながるような活かし方や

ビジネス継続の仕組みを伝え切れていません。

 

それにもかかわらず、

「この資格を取ったら稼げます」という言葉で人を集め、

学んだ後のフォローがまったくない・・・という事例を私自身もたくさん見てきました。

 

ただでさえ、膨大なテキストの内容を消化するには時間がかかります。

だからこそ、もし仕事にすることが大きな目的であるならば初めから

「こうやったら上手くいく」という道筋(仕組み)もセットにして教えてほしい

というのが本音だと思いませんか?

 

しかし、それを持ち合わせていない教えも多いことから、

いくらあなたが多くのことを学んでもうまく活かせない、やる気を見いだせなくなる

というのが現実です。

 

さらには、

 

うまく活かせないから、自信がなくなる。

→自信がないから、自分はまだまだ勉強不足な気がする。

→勉強不足だし、ちゃんと人に説明できてからじゃないと仕事に活かすのは無理・・・。

という心のモヤモヤを抱えたまま、自分の至らなさを責め続け

ステップアップの可能性を諦めている方も中にはいるようですが、あなたは大丈夫でしょうか?

 

しかし、私がこれまで4万人以上のサポートを行い、

食から健康改善し、ダイエットや体質改善等で結果を出してきてわかったことがあります。

「健康分野でこれ以上ビジネスを伸ばすのは難しいかもしれない」

と複雑に考えなくても、

 

私たちが提唱し続けてきた

 

日本型食生活の健康効果に基づく問題解決手法×ビジネスの仕組み

 

つまり、

「健康食育の仕組み」

をあなたのビジネスに取り入れていただければ、

「結果を出す」「事業につなげる」「社会課題を解決する」
という3つの目標を実現するのはそう難しくない、ということです。

 

今から健康食育の考え方を取り入れていけば、誰でも
結果を出せる食と健康のスペシャリストになることができるのです。

 

もしあなたの今の仕事に、この「健康食育の仕組み」を導入することで、
以下のような悩みの一例を改善へ導くことが可能になるとしたら、
少しでも興味が湧いてくるでしょうか?

 

この健康食育の仕組みを活かしていただくことで、

 

1540_32 体質を改善して健康的になりたい

1540_32 禁止・制限・がまんなく食を楽しみながら体型をキープしたい

1540_32 疲れやすい、冷え性、風邪をひきやすいなどの日常の不調を改善したい

1540_32 栄養士でなくても、お客様に対して適切な健康アドバイスが

   できるようになりたい

1540_32 胃腸やお肌の調子をもっと良くしたい

 

というあなたのお客様や大切な人が抱える悩みを解決できるようになるほか、

 

1540_32 栄養学的アプローチにとどまらず、脳科学や行動科学など様々な

    視点もふまえた本質的な健康理論・食事理論を習得できる

1540_32   栄養士の資格を持っていなくても、お客様のニーズにあわせた

   健康&食事アドバイスができるようになる

1540_32 パッケージ化された健康食育のコンテンツを使用することで、

    ゼロからあなたが新サービスを考える手間暇なく、

   すぐに新サービスとして導入し収益や付加価値アップにつなげることができる

 

このように、実際に仕事に活かしていただくことが可能になります。

 

目に見えた結果が期待できる「健康食育」とは?

 

ではここで、私たちが提唱する「健康食育」がどういうものであるかをお話ししましょう。

 

健康食育とは、従来の食の食の大切さを伝える啓発的な活動に加えて、

 

日本型食生活における健康の実現(※)という目的を明確にし、
社会生活を営む大人たちの、健康に関する諸問題を解決する
※ごはんを主食とし、味噌汁、副菜が加わったバランスのよい食事を摂る生活

 

という新しい視点を加え、旗印として言語化したものです。

 

何か特定の食材や栄養素を禁止・制限・がまんしてストレスや負荷をかけるのではなく、

楽しみながら「しっかり食べても太りにくい方法」を実践し、

習慣化することで生涯にわたって健康な心身をつくっていく

 

というのが、まず健康食育の考え方の軸です。

 

ところで、ここで「食育」というキーワードが出てきました。
あなたは「食育」と聞いてどんなイメージを抱くでしょうか?

 

一般的な「食育」とは、

子どもたちを対象とした啓発・体験型教育・普及活動を指すことが多く、

だからこそ非営利的な取り組みをしなければならないという印象が強いようです。

 

つまり、多くの人が未だに

 

食育をビジネスにならない?ビジネスにしてはいけない?

 

「とても大切なことだけど、収益化するのがむずかしい」
「ビジネスとして、お金を稼ぐことを考えてはいけない」

と思っている業界であるということです

 

もしかすると今、あなたがもやもやしている理由は、
この「仕事として続けていけるかどうかいう壁を前にしているからなのかもしれません。

 

このような状況の中、私たちは

 

どうしたら健康の分野で
社会に良いことをしながら、
ビジネスとして成立させるのか?

 

ということを考え抜き、そこで導きだした答えを健康食育のノウハウやコンテンツに凝縮しました。

それが「健康食育の仕組み」として今回あなたにご紹介する

健康食育プロデューサー養成コースです。

 

 

 

「健康食育プロデューサー養成コース」とは?

 

このコースの特徴は・・・

 

約7ヶ月~8ヶ月の講座期間中で、誰でも
「健康に関する諸問題を’食’から解決できるノウハウ」を習得できます。
それだけでなく資格取得後、
健康食育プロデューサーとしての活動をサポートする研修
講師と一緒に健康食育+ビジネスの基盤をステップバイステップで習得し、
実際にビジネスプランを練り、あなたの仕事の価値をさらに上げていく

 

というものです。

 

また、ただ講座を行うだけでなく、このコースでは通常別々で受講いただく

  • 健康食育ジュニアマスター
  • 健康食育シニアマスター

の2つの資格を短期間で集中的に取得し、健康食育を広める先生として活動する権利が得られます

これらの資格取得後、あなたは「健康食育シニアマスター」という肩書きを名乗って仕事ができるようになります。

そして、健康食育を広める先生として
セミナーや講座を開講し、健康食育のパイオニアとして自分のポジションを確立することで
食・健康分野の事業で新たなキャッシュポイントを得ることができるでしょう。

 

 

あなたができるようになる9つのこと

 

具体的にはこのような場面で、活かすことができるようになります。

 

① 日本食育健康協会 監修 「食実践スクール」を開講できる

食実践スクール

 

食実践スクールは、健康食育の考え方をシンプルな5つのステップに体系化した、

少人数&カウンセリング型のプログラムです。

何を意識すれば自分の体質は変わるのか、これまでの食事スタイルを振り返りながら、

クライアントの食行動を設計していきます。

さらに、行動科学理論に基づき習慣化させていくので、誰でも実践し継続することができます。

また、心理学的アプローチもプログラムに含まれおり、クライアントの食に対する意識を

改革することで、目に見えた改善率を高めることが可能になります。

 

食実践スクールロゴ

 

 

 

食べる断食(TM)10日間若玄米リセットプログラムは、

「しっかり食べてやせる体をつくる」をコンセプトに短期集中で結果を出す、

デトックスプログラムです。

生命力にあふれた食材「若玄米」と味噌汁を決められた期間、集中的に食べることで

代謝のよい体になる、むくみ解消、不調解消、おなか回りのサイズダウン等の

効果が期待できます。

実施前後には効果の出る食べ方、食に対する考え方をクライアントにレクチャーし、

期間中はサポートを行うことができます。

なお、このプログラムはプロデューサー養成コースに含まれる研修を修了された方のみ開催できます。

 

 「健康食育ジュニアマスター」を教える講師になれる※注④さまざまな企業のセミナー講師として登壇できる ※注

 

※注)協会が定めるスキルチェックに合格後の活動となります。

 

また、この他に色々な場面で資格を活かすことができます。

 

⑤身近な人たちの健康をサポートする

たとえば私たちは「人生を変える食べ方」として、

「禁止」「制限」「がまん」のない3つの食法則
提唱しています。

 

これまで

  • ダイエットに失敗してきた人
  • 厳しく食事制限をしてきた人
  • 年齢を重ねて老後の健康が不安になっている人

にとっては、こんなにラクで楽しくていいの?と目からウロコの情報が満載でしょう。

 

まずは自分自身が日々の食生活を楽しむことができるようになりますし、
ご家族や大切な人の健康をサポートすることができます。

 

⑥「健康食育のスペシャリスト」として、企業や個人へアドバイス

お腹からやせる食べかた

(お腹からやせる食べかた/柏原ゆきよ著)

今回の講座でお伝えする内容は大戸屋、船井総研などの

上場企業をはじめ、新聞社、ガス会社等200社以上の

企業研修に組み込まれています。

また、出版においてもこの講座でお伝えするメソッドが

ベストセラーになっています。

(お腹からやせる食べかた/柏原ゆきよ著)

 

B to B ビジネスに興味がある方、

個人へのカウンセリングに活かしたい方は、
ぜひ、ここでの学びを今後の活動に活かしてください。

 

 

⑦「健康経営企業」として、企業価値をさらに高める

 

飲食店、幼稚園や保育園、生活インフラ提供企業(電気、ガス、住宅、セキュリティなど)、

化粧品会社、薬局など、健康に関わる事業にとどまらず、

「社員の健康」という観点から、「健康食育に力を入れている会社」としての

ブランディング、イメージアップを図ることができます。

 

⑧ 「健康改善」をサービス化することができる

医療や福祉、子どもや女性、働く人、妊活中の方、

高齢者向けのサービスの一環として、

健康改善のサービスメニューを新しく導入することができます。

また、企業の福利厚生として働く人の健康管理などに活かすこともできます。

もし飲食サービス業を経営しているのであれば、

新たな切り口でビジネスの付加価値を高めることにも使っていただけます。

 

 

⑨ サービスの品質向上や新商品(コンテンツ)をプロデュースする

もしあなたが整体師であれば「整体×体質改善」をサービス化することができるでしょう。

エステサロンを経営しているのなら、

「外側だけでなく、身体の内側からもきれいになりましょう」という提案もできるでしょう。

 

また、リンパマッサージのセラピストである受講生は

「リンパ×ダイエットサポート」というサービスを開発し、

冷えの改善や女性独自の不調改善に効果のあるサービスを展開しているという例もあります。

 

日本健康食育協会監修の健康食育コンテンツは、プログラム化されているうえ、組み合わせやすい柔軟性もあるため、既存のサービス(商品)との相乗効果で、新たな事業展開を図ることが可能になります。

クリニックや学習塾、サロン、スポーツジムなどの経営にもすぐに活用することが可能です。

 

 

さらに、食と健康の「プロデューサー」

としてのあり方を学びます

 

 

さらに、このコースではこれまでの食や健康の資格になかった

 

ビジネスプロデューサーとしての視点を持つ

 

という点を加え、

通常の資格講座では行わないプロデューサー研修を特別に追加しました。

 

今、ビジネスにおいては「資格を持っている人」ではなく、

「プロデューサー的視点」を持ち行動できる人材が求められています。

プロデューサーという言葉は、もしかすると聞き慣れないかもしれませんが、

プロデューサーの仕事をひとことで表すならば「応援のプロ」と言えるでしょう。

 

ただ知識を学ぶにとどまらず、

「資格を活かし、自分ができることで社会に貢献したい」という思い、

そして、あなたが介入することで食・健康分野の何を解決し何を動かせるのか?

という意識を持ち、関わる人たちが最大限に人生を楽しめるようにお手伝いすること。

 

これが、健康食育を推進するビジネスプロデューサーとしての最大の仕事です。

 

あなたにはぜひ、

さらに一つ高い視点から健康食育の仕組みを手に入れていただいたうえで、

影響力をもったリーダーとして活躍してもらいたいと考えています。

 

 

このような分野の仕事で活かしていただけます

 

このコースで学んでいただく内容は、

企業研修やセミナー、コンサルティングなどで約20年にわたり、

食と健康の業界の第一線で結果を出してきた内容を特別に公開したものです。

 

特に、あなたがこのような業界で今課題を抱えているのであれば、

このコースでお伝えする

 

日本型食生活の健康効果に基づく問題解決手法 × ビジネスの仕組み

 

を実践いただくことで「健康の軸」(考え方)」を明確にもちながら、

個々のライフスタイルにあった提案や解決が可能となります。

 

ケース1:自分で独立起業し、すでに美容業界や健康ビジネスに携わっている方

 

1540_32 女性向けエステ・整体・マッサージ・パーソナルトレーナーなどの仕事で、

     今の仕事に「食」からの改善をプラスしサービス価値を高めたい

1540_32 カウンセリング型プログラムで一人ひとりに丁寧に向き合いたい

1540_32 価格競争や広告費高騰に悩まされず、安定した経営を継続したい

1540_32 「あの人のところに行けば健康になれる」「きれいになれる」

   「結果が出る」と評判になりたい

 

 

ケース2:歯科医院、病院、薬局経営または勤務の医療関係者、

介護・保険・高齢者事業や健康経営に関心のある方

 

 

1540_32 「健康向上に力を入れている会社」としてのイメージを向上し、

   他社との差別化を図りたい

1540_32 対症療法だけではなく、根本解決や予防分野にも力を入れたい

1540_32 食からのアプローチを、自分の専門分野に取り入れて発信したい

1540_32 今の事業にプラスして、サービス向上を図りたい

 

 

ケース3:管理栄養士、食提供サービスなどにかかわっている方

 

1540_32 カロリー計算や数値結果にとらわれず、本当に結果を出せるスキルを身につけたい

1540_32 ファッション化されたヘルシービジネスではなく、流行りすたりのない

    本質的な健康理論を学びたい

1540_32 女性に向けて、ダイエットや体質改善サービスを提供したい

1540_32 自信をもって人に伝えられるスキルを磨きたい  

1540_32 「しっかり食べる」ことで食材の消費拡大・健康維持ができる方法を学びたい

 

 

さらに、以下のようなキーワードで活動されている方や興味のある方は、

これからさらにビジネスチャンスとして健康食育のノウハウを活かすことが可能です。

 

大人に向けた食育 子どもの成育 妊活 少子化対策

スポーツ 病気予防 メタボ改善 介護予防  料理   健康経営 

健康寿命 生涯学習 アクティブシニア    ヘルスケアビジネス 

女性の美容  ダイエ ット 医療業界への貢献 食関連産業の向上

 

いかがでしょうか?

 

でも、興味はあるけれど今その仕事についていない、私には知識がない・・・

と思われた方もいるかもしれません。

 

ご安心くkださい。

今、健康食育の専門知識がなくてもどなたでも講座の内容に沿って学んでいくことで、

これから活かすことができるようになります。

 

むしろ、これまで習得した専門知識にとらわれないほうが、

偏った思考がなくフラットに学びを吸収できるという大きなメリットを

受け取ることができるでしょう。

 

 

講座受講の流れ

 

 

 

今回の講座の内容をご紹介すると、このような流れになります。

 

STEP1:

健康食育の体系的な理論を学び、身につける

健康食育ジュニアマスター「健康理論」「食事理論」特別開講講座(通学)

 

まず講座がはじまったら、体系的な知識を身につける「健康理論」と「食事理論」の

2つの講座を受講します。

これらの理論は、約20年以上にわたり、4万人以上の健康と食の疑問を解決してきた

ノウハウを体系化したものです。

 

「健康理論」で学ぶことは?

日本人の健康に関する様々なデータから現状を知り、健康の実現に何が必要かを

理解することに重点を置いています。

食のことだけでなく「身体」「メンタル」「運動」などについても体系的に学ぶことで、

ひとつの視点に偏ることなく俯瞰して判断できる力を養います。

 

● 健康に関する社会背景と課題

● 栄養学の新たな視点

● 代謝メカニズムと食生活の関係

● 不調が起こる背景と、食べ物を受け止める機能の関係

● メンタルが健康に与える影響と食について

● 運動の身体機能への影響と食について   など  

 

「食事理論」で学ぶことは?

栄養学だけでなく、食べ物を判断する視点を広く持つ「食選力(しょくせんりょく)」を養います。

多角的に食べ物と健康の関わりを考えることで、

何をどのように食べたらよいのか判断力を高め、健康実現の結果を引き出す食の考え方を学びます。

 

● 私たちを取り巻く食環境の変化

● 食材の位置づけと優先順位

● メリットとデメリットを踏まえた食選力

● 新しい食品の登場とその活かし方

● 食習慣と代謝の関係

● 人生を豊かにする食の考え方 

 

通常、「健康理論」と「食事理論」は通信講座としてご自宅で学んでいただきますが、

多くのご要望にお応えし今回のコースでは、

直接講師から指導を受けられる特別通学講座を東京・大阪で開講することにしました。

ここでは、様々な業種から意識の高い仲間たちが集まります。

この出会いは、今後あなたが活動していくうえで大きな財産になっていくでしょう。

 

通信講座は自分のペースで学習が進められるのが大きなメリットですが、

これまで 「わからないことはその場で解決したい」

「モチベーションを維持するために、一緒に学ぶ仲間がほしい」

といった声も多くありました。

今回の通学講座に参加することにより、

自主学習では味わえない講師との距離感や臨場感を味わいながら深めてください。

 

そして、より理解が進むようわからないことは積極的に質問してください。

あなたが質問を投げかけることで、ほかの受講生にとっても新しい視点を得る機会となり、

参加者全員にとって大きな学びの場となるでしょう。 

 

※講座受講後、課題の提出が必要となります。

協会より修了判定後、必要な手続きののち「健康食育ジュニアマスター」の資格が付与されます。

なお、この講座への通学が難しい方は通信(DVD)での受講も可能です。

 

STEP2:学ぶ側から教える側へ。

インプットから「人に伝えるスキル」を磨き、先生になる 

健康食育シニアマスター講座(通学のみ)

 

ジュニアマスターを受講したあと、健康食育指導論(講師として、また提供サービスの

一環として健康食育の考え方を世の中に伝えるスキル)を学びます。

指導者として人を導き、行動を変え、習慣化し、成果を出す方法を習得することで、

お客様や関わる人の健康課題を解決し、人生に貢献することを目的としたいわば、

「健康食育指導のスペシャリスト養成講座」です。

 

ここでは、前述の「食実践スクール」の指導方法を例に学んでいきます。

資格取得後、すぐにサービス化できる教えるスキルを身につけます。

 

一方的に伝えるのではなく「難しいことをわかりやすく、

多くの方に喜んでいただける伝え方」を習得するためには、理論の習得だけでは十分ではありません。

何をどの順番で、どのように伝えればいいか?

どのような話し方や立ち居振る舞いがいいのか?を考えることで相手からの信頼度も変わってきます。

 

この講座では、学ぶ側から「教える側」への視点の切り替えと、

思考の変化を導いていきます。

 

● 健康食育理論のレクチャーポイント、教え方

● 「食実践スクール」コンテンツの習得ならびに運営ノウハウ

● 健康食育理論をわかりやすく教えるための周辺知識

● エビデンスやデータの取り扱い方

● プレゼンテーション実技

 

STEP3:取得した仕事を「仕事」に変え、収益化する

受講後の起業や集客をフォローする研修や研究会の開催

 

一般的な食育や健康の資格は、取得後どのように仕事として継続していくかまでを

フォローできていない・・・といういのが現状です。

 

たくさんの資格に時間とお金を費やしたものの、

その知識をどう活用していいのかわからない、

仕事につながらないという声も実際に聞くことがあります。

 

そこで今回、「健康食育ジュニアマスター」「健康食育シニアマスター」の

ライセンスだけでなく、業界のスタンダードを大きく超える濃密な内容の

「プロデューサー研修」もあわせて受講いただくことができるようになりました。

 

第一線で活躍する一流の講師からこれらの研修を受講することで、

「資格どうやって自分のビジネスに活かし、収益化していくか?」という

具体的なイメージが描けるうえに、実際の事業プランを構築できるようになります。

 

 

【研修1】「現在の仕事 × 健康食育」で、

新たなキャッシュポイントを作り、ビジネスを安定させるための

ビジネスプランニング研修

 最も課題である

「どうすれば、食・健康分野でボランティアにならず収益化&継続していくか?」を

この研修で解決していきます。

ビジネスの軸となる理念や事業コンセプトの再構築、

事業計画立案や商品・サービス・コンテンツ設計、さらに集客の流れなどを、

一人ひとりにあわせ丁寧にフィードバックしていくことで実践につなげていきます。

 

【研修2】 リーダーシップ研修

 人を導くリーダーとして自信を身につけ、

影響力を与えられるようになるための啓発研修です。

 

この研修を受講することで、

事実と解釈を見極めながら物事や人に対して俯瞰することができるようになり、

小さなことでストレスを抱えたり、いつまでも悩むようなことが減るでしょう。

 

【研修3】より実践しやすい方法で広めるための

食提案スキルアップ研修

 簡単・シンプルで誰にでも実践できる具体的な食生活のプランニングができるようになり、

個々の体調や体質にあわせたアドバイスで結果を出し、

具体的に仕事として収益をあげるためのテクニックを習得する研修です。

  

【研修4】

「食べる断食(TM)」指導者研修

 しっかり食べるデトックスを行うことで、痩せやすい体の土台づくりと

体質改善を図るメカニズムを学びます。

ダイエットや不調改善などの結果を出せるスキル、ケーススタディを習得し、

自分自身でもこのプログラムを実践いただきます。

 

ただ学ぶだけではなく、あなたの心身の変化を体感する研修で、コース費用には

実践期間中の10日間の食材代が含まれています。

 

 

【研修5】WEBマーケティング(ライティング)研修

 多くの方は「集客」に悩んでします。なぜかというと、

 

1)インターネットを駆使した「集客の仕組み」が構築できていない

2)お客様の目に留まり、選ばれるような魅力的な集客文が書けない

 

というビジネス課題があります。

これらを解決へ導くWEBマーケティング(ライティング)研修を、今回特別に追加しました。

食・健康ビジネスに携わっている方が最も苦手とする

「インターネットマーケティング」を、初心者でもわかりやすく習得できるのは、

このプロデューサー研修でしかチャンスはありません。

 

 

受講スケジュール

 

今回の「健康食育プロデューサー養成コース」は東京、大阪の2会場で開講することになりました。

いずれかを希望するエリアをお選びください。

 

【開催日】 

① 健康食育ジュニアマスター講座

プランA、B、どちらかで受講いただきます。

 [受講プランA]  通信講座(DVD学習)

  お申し込み後、ご自宅で学習を開始頂けます。

 

 [受講プランB] 土日集中講座:全4日間〈東京もしくは大阪〉

  東京会場:前半(健康理論) 2017年8月26日(土)、8月27日(日)

       後半(食事理論) 2017年9月30日(土)、10月1日(日)

 

  大阪会場:前半(健康理論) 2017年9月2日(土)、9月3日(日)

       後半(食事理論) 2017年10月14日(土)、10月15日(日)

 

 

 

② 健康食育シニアマスター講座

プランA、B、どちらかで受講いただきます。

(Bは後半3、4日目を東京もしくは大阪会場で受講いただきます)

 [受講プランA]  土日集中講座:全4日間〈東京会場のみ〉

  前半:2017年10月28日(土)、10月29日(日)

  後半:2017年12月2日(土)、12月3日(日) 

  ※12月3日に検定試験:筆記、実技があります。この日は10時~15時までです。

  ※2日目終了後にシニアマスター活動ガイダンスを開催予定です。

 

 

 [受講プランB]  動画による自宅学習 +〈東京もしくは大阪〉土日集中講座

  前半:動画(youtube)による自宅学習

     学習期間:2017年11月1日(水) ~ 11月17日(金) 

 

  後半:2017年12月2日(土)、12月3日(日)  東京会場

                                       or

     2017年11月25日(土)、11月26日(日) 大阪会場

 

 ※後半を東京会場で受講する方は、

  12月3日(日)に検定試験:筆記、実技があります。この日は10時~15時までです。

 ※後半を大阪会場で受講する方は、

  11月26日(日)に検定試験:筆記、実技があります。この日は10時~15時までです。

 ※2日目終了後にシニアマスター活動ガイダンスを開催予定です。

 

 

③ プロデューサー研修

 2018年1月~3月に開催します。

 健康食育シニアマスター講座受講後、資格取得者にお伝えします。

 

 【時間】

 10時~18時(シニアマスター2日目のみ10時~15時となります)

 

 【場所】

 会場詳細はお申込みいただいた方に連絡いたします。

 

監修者プロフィール

 

 yukiyoLP

柏原ゆきよ (かしわばら ゆきよ)

一般社団法人日本健康食育協会 代表理事/管理栄養士

 

日本人の体質とライフスタイルに着目し、お米(雑穀米)を主軸とする日本型食生活で、

しっかり食べて太らないカラダづくりを目指す「おなかからやせるメソッド」を開発。

著書「お腹からやせる食べ方」(講談社)がベストセラーとなる。

これまでトップアスリートや経営者、モデルなどのべ4万人以上の食生活サポートや

アドバイスを行っている。

また、2008年より定食チェーン大戸屋の食育アドバイザーに就任し、

店舗などで「大人の食育セミナー」を開催。

2017年3月までに約1500回開催、3万人以上を動員。

ニューヨーク、台湾など海外でも大きな反響を呼んでいる。

社員研修やメニューアドバイス、食育セミナーの監修、企業や自治体等と

健康プロジェクトを推進するなど全国で活躍するなか、

「健康食育マスター講座」を主宰し、健康教育の専門人材育成にも力を注いでいる。

 

 

この講座の参加費について

 

もしあなたが今後、

 

あなたの仕事おいて「健康食育のパイオニア」としてますます需要が高まり、

これまでお伝えしたことが手に入る未来が訪れるとするならば、

このコースにはどれくらい価値があると思いますか?

 

少し想像してみてください。

 

 健康改善やダイエットなどで、目に見えた結果を出すことができる

 アドバイスやコンサルティングに健康食育のノウハウを活用できる

 お客様の健康課題を目に見えて改善できるようになることで、

    あなたへの信頼度がさらにアップする

 健康食育のコンテンツを活用し今の収入にプラスαの売上を獲得できる

 同業者との差別化が図れ、ブランド力が強化され、

    クライアントからも取引先からも信頼される

 ノウハウコレクターから卒業し、食や健康に対するぶれない軸が

    確立され自信をもって人に伝えられる

 あなた自身の体調や体型にも変化を実感し、ますます元気で健康になれる

 

・・・など、

 

これだけのものを得ていただくことが可能なのが、今回の

「健康食育プロデューサー養成コース」です。

あなたはいくらぐらい投資する価値があると思いますか?

 

もし、あなた自身がひとりで独学で学び、

世の中の流れやニーズがわからないままビジネスをはじめても、

 

すぐに同じような仕組みを構築し売上をあげたり、

目に見えた健康改善の結果を出すことができるでしょうか?

 

きっと、あなたがこの講座に参加することで将来的に得られる価値は何百万、

何千万となっていくものと私は確信しています。

 

今回のこのコースは、

「これからも自分の業界から食や健康の大切さを発信していきたい」

真剣な思いを持ち正当な努力ができる全国で30名の方にのみ参加いただきたいと考えています。

 

そのため、本気の方が参加しやすいように定価よりも大幅に割り引いた

特別価格をご用意いたしました。

今回このページをご覧の方に限り、

 

通常価格 654,000円(税込706,320円) → 特別価格 600,000円(税込648,000円)

 

となります。

 

さらに、2017年9月15日(金)までにお申し込みいただいた場合は、

550,000円(税込594,000円)で、このコースのすべてを受講いただけます。

 

もしかすると今あなたは本音で「想像よりもちょっと高い・・・」と感じたかもしれません。

確かに、一般的なセミナーなどに比べると高価に感じるかもしれません。

 

しかし、これを知識の習得だけでなく「事業投資」と考えてみたときにどうでしょうか?

もしあなたが経営者やなにかしら自分でビジネスを行っている立場ならば、

これまで新規事業立ち上げやサービス開発、

広告費などに100万、300万、500万と費やした経験があるかもしれません。

さらに事業を軌道に乗せるまでに半年・一年・3年という時間も費やすことはザラです。

 

私も経営者ですから、

起業してからというもの多くの時間とコストを費やしてきました。

 

私の場合、誰かからノウハウを伝授されたわけでもありません。

20年間この業界にいる経験を活かしすべて自分で構築し効果を検証したうえで、

さらに誰でも実践できるビジネスの仕組み化・一般の方でも理解できるように

理論を体系化したため、その手間暇コストを考えると計り知れないものがあります。

 

今回あなたがこのコースを受講いただいた場合、

この20年分の時間とコストをショートカットできますし、

資格取得後1年目で十分に回収できる内容をご用意しています。

 

さらに個人事業や副業などで活動する場合も、

今のお給料にプラスアルファで5万円の収入アップも無理なく目指せます。

もちろん行動量やその後の頑張りにより個人差はありますが、

中には活動開始後1ヶ月で、月に20万円の新たな収入を得ている意欲的な方もいます。

 

このほか、もしあなたが店舗(サロンなど)を運営しているのであれば

現サービスと掛け合わせ物販や講師としての仕事を行うことにより、

さらに収入の幅を広げることが可能になります。

 

これらを加味したうえでも、

今回のコースが非常に価値あるものだと感じていただけたでしょうか?

 

なお、繰り返になりしますがこのコースを受講いただけるのは限定30名のみとなっています。

またこのコースの次回開催は未定です。

 

実は、全国各地で

 

「これは今しかないチャンスだ」

「自分の住んでいる地域で広めていきたい」

 

と思われた方からすでにお申込みをいただいている状況です。

残念なことですが、一人ひとりの立場や目標・ビジョンに寄り添った丁寧な指導を

心がけているのでこれ以上受けていただける人数を増やすことができません。

 

定員に達した時点でこのページを閉じ募集を締め切りますので、

どうか今だけのチャンスを逃がさないようにしてください。

あなたの未来には、この金額以上の「価値」があると私は信じています。

 

 

▶今すぐ講座に申し込む

 

 

これまでの参加者の声をご覧ください

 

菅原

 

一生続けられる健康法を見つけました。

受講後、食に対する考え方と捉え方、食べ方を知り、私自信がますます食事を楽しめる人生に

なってきたのと同時に、今まで以上に毎日を楽しく過ごしています。

また、講座で教わった内容はサロンのお客様への情報提供やセミナーなどで活用しています。

 

いろんな健康・ダイエット情報に惑わされ、

食事を楽しめていない人たちはぜひ受けてほしい講座です!こんなに簡単なことだったんだ!

っかり食べたら痩せるんだ!と確信してほしいと思います。

(菅原直美さん/大分県・エステサロンオーナー)

 


 

 熊倉さんプロフィール写真   

 

糖質制限をやめ、学んだことを実践したことで自分自身が健康になりました。

弊社は全国の健康組合を通じて、その加入者に対して家庭用常備薬のあっせん販売、

郵送検診などを中心に健康増進、疾病予防を目的とした事業を展開しています。

 

この講座を受講する前は、運動のパフォーマンス向上を目的として2年間糖質制限を

実践していました。しかしながら、それによって平熱が35度半ばまで下がり、

冷え性と倦怠感に悩まされ、運動のパフォーマンスはあまり上がりませんでした。

自分にあった食事法をあちこちで調べましたが、どれも素晴らしく思えて選べなくなってしまい、

巷の情報に完全に振り回されている状態に陥ったのです。

 

これまでの自分を振り返ってみると食に関する勉強を一切してきませんでした。

中年になって食を勉強しようと食育の情報を収集すると、親子向けの農業体験か、お料理教室が

ほとんどで自分の求めている内容ではありませんでした。

その点、日本健康食育協会の講座は普段の食事で気を付けるといいこと、

実践するといいことなど中高年の大人にとって実践的で、かつ戦後からの栄養学の移り変わりを

体型的に学習できるので、巷の情報の取捨選択をする際の判断軸を持つことができました。

 

弊社、セルメスタのお客様である健康保険組合は、生活習慣病による医療費の高騰に悩まされています。

私の体験、この健康食育を新しい事業サービスとして健康保険組合の生活習慣予防の

一助として提供していくことを検討しています。

また、最近は平熱も36度前半まで戻り、冷え性や倦怠感はなくなり健康な体を実感しています。

この講座は、中高年のサラリーマンや経営者・その奥様、

そして育ちざかりのお子さんを抱えるお母さん方にぜひ受講していただきたいです。

 

(熊倉利和さん/東京都・株式会社セルメスタ 代表取締役)


IMG_7713

 

 

同じ「食と健康の考え」を持った仲間が増えました。

主人の転勤で関東に引っ越したのを機に、子育てをしながら仕事と家庭を両立する

働き方を模索していました。

もともと、スポーツ栄養士として働いていたのですが、どうすれば仕事として確立できるかと

いうことも考えていました。

 

そんな中、健康食育シニアマスターの方と出会ったのをきっかけに柏原代表を知り、

セミナーに足運んだことが受講のきっかけです。

柏原代表と話をする中で日本健康食育協会が提唱する「伝えるスキル」に魅力を感じました。

 

たくさん知識を持っていても相手にうまく伝わらない。

相手の心を動かせない。

スポーツ栄養士として選手やその親、関係者の方により理解いただける「伝えるスキル」を

身につけたいという思いが強く、子育てをしながら受講しました。

 

今は、自身での講座の開講やコラムの執筆など、様々な仕事でお客様目線で伝えながら

講座で学んだことを軸として現在の仕事に活かしています。

この講座を受講して一番良かったと感じることは、伝えるスキルももちろんですが、

同じ課題を乗り越え、同じ考えを学んだ仲間が回りにいることです。

時に相談しあい、時に励ましあい、お互いが認め合い高めあえる仲間が全国にいることで、

フリーランスとして活動する私の大きな支えになっています。

より良いお客様の反応を得ていきたい!と思われる方はぜひ受講をおすすめします!

(馬明真梨子さん/広島県・スポーツ栄養士)

 

 

尾崎さん プロフィール写真(企業)

 

患者様に「目からウロコ」と言っていただくことも多いです。

食は歯科分野とも大きくかかわっているため、しかり食べて元気になるための軸を学び、

相手の意識を変えて、行動に変化を起こしたいと思っていました。

まだ未発達な食と歯科の分野をつなげるものしたいと思い、今回受講しました。

 

栄養カウンセリング業務では、禁止・制限・我慢をせず、

どのように食べたらお口の中が健康になるか、そして、全身の健康、元氣へ導けるかを

お伝えしています。 また私自身も教えていただいたことを実践していくと、便通がよくなり

食べると体がぽかぽかし、平熱が温が上がりました。

一生、自分のお口でおいしく食べ、笑顔で話し、元気に生きていきたい方、一生に活動していきましょう!

( 尾崎沙梨さん 歯科医院勤務/管理栄養士)

 

 

受講についてよくある質問

 

 

Q:受講したいのですが、参加できない日程があります。

A:健康食育ジュニアマスターは通信講座でも受講できます。

   

健康食育ジュニアマスター特別講座(通学)は、通学講座またはDVDにて受講の

いずれかを選べます。

もちろん講師と直接顔を合わせて学ぶのがベストですが、

受講日程がどうしても合わない方、遠方の方はあらかじめ通信講座での受講を選択ください。

内容は通学、通信講座ともに同じです。

 

また、健康食育シニアマスター講座の前半2日間については通学講座のほか、

「動画による自宅学習」が選択できます。

後半の2日間については、実技と試験を行うので出席必須となります。

どうしても都合がつかないという場合のみ、事前に事務局までご相談ください。

受講方法の詳細については、こちらのリンクにも記載しているのでご確認ください。

 

Q:健康食育ジュニアマスターは通信講座(DVD)での受講を希望します。

ただ、DVDだけだと内容がしっかり理解できるか不安です。

A:今回に限り、聴講制度も設定しました。

 

健康食育ジュニアマスターについては、今回聴講制度があるので、

ご都合のあう日だけ直接講義にご参加いただき学びを深めていただくことも可能です。

健康理論・食事理論ともに、無料で参加ができます。

※プロデューサー養成コースにお申込みの方に限ります。

 

Q:地方に住んでいますが受講は可能ですか?

A:はい、もちろん可能です。

 

健康食育ジュニアマスターについては、申込時に通信講座(DVD)を選択いただけます。

また、健康食育シニアマスターの前半日程は、動画による自宅学習も可能です。

 

ただし、健康食育シニアマスターの後半日程の2日間には

実技と試験が含まれていますので、東京または大阪のいずれかの会場へご参加ください。

過去には北海道や仙台、愛知、岐阜、三重、広島、大分、長崎、沖縄などからも

受講された方もいます。ご不明な点は事務局までお尋ねください。

 

Q:受講費の分割払いは可能でしょうか?

A:基本的には一括払いとなります。ただし・・・

 

支払い方法としてPaypal(クレジットカード)を選択された場合、

お支払後各カード会社が提供する後払い・分割払いのサービスを活用する方法もあります。

詳しくはご自身でご利用のカード会社にお問合せください。

どうしても不安がある場合、また一括でのお支払が難しい場合は、

一つずつステップアップされることをおすすめします。

まずは健康食育ジュニアマスターから受講いただけますが、

その際は正規価格でのご案内となります。

 

「仕事に活かし収益化したい」というビジョンが明確な方は、

今回のみの特別価格で受講いただくことをおすすめします。

また「3回払いでお願いしたい」など分割でお支払いを希望される方は、

ページ下の事務局までご連絡ください。

 

Q:実はこれまで、健康や食関係の仕事に就いたことがありません。

講座内容についていけるか不安ですが、本当に大丈夫でしょうか。

A:はい、どなたでも受講いただけます。

 

講座の内容は、栄養学などの備知識がないと受けられないものではありません。

過去受講生の中には、専門的な勉強をまったくしたことがない方も多くいらっしゃいます。

 

Q:食や健康に関する資格は他にもたくさんあるようですが、

具体的に何が違うのでしょうか?

A:一言でいうと「食や栄養知識だけを学ぶ講座ではない」ということです。

 

健康は食、栄養の知識を持っているだけでは実現できません。

今回のコースでは身体や心とのつながり、食環境の実態、脳科学・行動心理学を

考慮した日常でムリなく実践できる方法など、

総合的に応用が効くメソッドを習得いただきます。

また、当コースは資格取得がゴールではないということはここまででご理解いただけていると思います。

 

「ボランティアや安価でなく、仕事として収益につなげながら社会貢献を実現する方法」

を仕組みとして構築し、受講生に提供しているところが他資格との大きな違いです。

健康食育を世の中に伝える指導者(先生)として、

教えるスキルを身につけるだけでなく「仕事」「収入」「社会貢献」の

3つの軸を確立していきます。

 

Q:すべての講座を修了したあと、他の受講生と交流を持てる機会はありますか?

A:さらにスキルアップを目指すフォローアップ研修が開催されます。

 

また、講座受講生のみが参加できる会員制(有料)の活動組織

「食育の答(こたえ) 研究会」というコミュニティがあり、

この場では仕事の確立や「健康食育で社会課題を解決する」という理念の実現を

仲間とともに目指していきます。コース修了後はぜひあなたもご参加ください。

 

このコミュニティでは、

一般ではなかなか入手できない学術情報や関連情報の提供、

ビジネスやマーケティングについての指導・コンサルティング、

さらには日本健康食育協会より仕事機会の優先的な情報提供などを行っています。

また、キャリア相談ほか通常では高額で行っている個別コンサルティングも、

このコミュニティメンバー限定で受けることが可能です。

 

Q:資格取得後、すぐに仕事になりますか?

A:人に伝え始める前に、まずは自分自身の健康改善やダイエットの実践へ

活かしていただくことをおすすめします。

 

まずご自分が学びを実践し、効果を体感してみてください。

自信と人に伝わる説得力が実感いただいたうえで、

人に教える講師として活動いただくことを推奨しています。

また、学んだ知識をそのままサービス化し、収益化するコンテンツもあるので

こちらはぜひ積極的に活用してください。

たとえばすぐに資格を活かして収益化したいのであれば「食実践スクール」という

プログラムがあります。

 

また、プロデューサー研修受講後、

「食べる断食(TM )10日間若玄米リセットプログラム」をサービスとして導入し、

効果的なダイエット&体質改善の指導が可能となります。

 

Q:健康食育シニアマスターには、なぜ年会費が必要なのですか?

A:以下の3つの理由をあらかじめご了承ください。

 

1)講座と認定講師のクオリティ維持のため 

2)資格を名乗って継続的ビジネス活動を行っていただくため

3)協会から最新の情報を取得いただくため

上記に必要な経費として、年会費をお支払いいただきます。

 

Q:私は管理栄養士の資格を持っています。

健康や食事に関するある程度のことは知っているつもりですが、

他と違ったことが学べるのでしょうか?

A:(重要)栄養や食の知識だけ持っていても、結果を出すことはできません。

 

そしてこのコースは、これまでお伝えしたとおり知識の習得だけを目指してはいません。

メディアや口コミなどを通じさまざまな健康情報が溢れている中、

まずはそれに対しあなたがどんな「軸」をもって答えるか、

そして納得して実践してもらえるかが重要です。

 

また、このコースを受講いただくことで「仕事」として継続的に活動するための

サポートや体制、そして支え合う仲間の存在があることが大きな特徴です。

これまで栄養士・管理栄養士の方も多数受講されていますが、

受講後「勤務先での評価が上がった」「仕事のステージが変わった」、

「独立する目途が立った」「収入がアップした」等の嬉しい報告が届いています。

 

知識があることと、結果が出せることは違います。

さらに資格があることと、仕事として継続していけることは違います。

「食から課題を解決し、元氣な社会を創造する」私たちは、この理念の実現をともに目指す

仲間を求めています。

 

 

流行に惑わされない、

食と健康の真理を手に入れてください

 

 

 

繰り返しとなりますが、

 

このプロデューサー養成コースは

「結果を出せる食と健康のアドバイス」ができ、仕事として収益化につなげること

を目指した講座す。

 

健康食育の先生として「教える」「伝える」ことができるようになるだけでなく、

あなたの仕事領域がさらに広がります。

また、個々のライフスタイルに合わせた相談業務や執筆など、

これまでやったことがなかった新しい働き方も可能になります。

 

そのためにはまず、

あなた自身が健康食育というぶれない「軸」を手に入れてください。

 

食や健康についてはさまざまな考え方がありますが、

極端なものや何かを制限したり「〇〇は身体によくない」など恐怖をあおり、

食べ物を悪者にするというものが多いと感じませんか?

 

私たちは「毎日が楽しく、おいしく、幸せを感じる考え方」

「さらに、しっかり食べてtも効果を実感できるやり方」を提案しています。

禁止・制限・がまんだらけの短期的な結果を追うのではなく、

 

長い人生を通じて、健康で元気であること

いくつになっても心も見た目も若々しくイキイキとあること

 

を目指した本質的な学びをあなたに習得してほしいと考えています。

私たちがお伝えすることは派手さはありませんが、

短期的な結果や一過性のブームを求めるものではありません。

特に、日本人の遺伝的体質とライフスタイルを重視したうえで内容を組み立てています。

 

ダイエットや健康改善について結果を出そうとすると、

どうしても「カロリーや栄養で食べ物を考える」「リスクとなる要素を減らす」

という考え方が一般的ですが、この発想では逆に反動が起こり、

ストレスが増えてしまいがちです。

 

改善された結果を習慣化し継続するためには、

 

見た目や体の変化だけでなくメンタル面を重視し、余計なストレスを抱えず

気軽に実践しやすいことが大切です。

 

だからこそあなたにお伝えするのはシンプルであり、

手間暇や金銭的負担が極力かからないという方法です。

このコースで学んだことを、どうぞ積極的にあなた自身と世の中のために活かしてください。

 

「目からウロコで人生が変わった!」

 

これまでの受講生の多くから、このような驚きと喜びの声をいただいています。

ぜひ私たちとともに、食と健康のプロフェッショナルとして活躍し、

ボランティアや安価な提供にとどまらない、安定したビジネスを確立していきましょう。

 

それではあなたのご参加を楽しみにしています。

 

今すぐ講座に申し込む

 

 

追記:

このコースについてご質問がある場合は

事務局メールアドレス(info@jhe.or.jp)にお問合せください。

専任スタッフができる限り迅速に回答させていただきます。

募集人数が限られているので少しでもお聞きしたいことがある場合は早めにお問合せください。

 

追記2:

ここまでお読みいただいて、あなた参加をためらっているのであれば、

それはどんな理由からでしょうか?万が一その理由が金銭的なことであれば、

「受講費ぶんの金額を投資しなかったことで得られるもの」と、

「投資したことでこれから得られるもの」を書き出して、

一度比較してみることをおすすめします。

 

どちらの将来が、あなた自身の人生により良い変化と利益をもたらしてくれるでしょうか?

もし今回のコースで得られるものがあなたの未来にとって必要だと思うなら、

ぜひご参加いただきたいと思います。

 

追記3:

これまで受講いただいた参加者の声をご覧ください。

参加されるかどうか判断いただく手がかりになるかと思います。

 


稲岡友美写真

 

自信を持って講座を開講することができるようになりました。

料理教室の運営とこだわり調理器具の販売を通して「健康家庭料理」の普及活動を

行う企業にて、食育推進事業部・管理栄養士として勤務しています。

現在は近畿地区約20教室にて「食育講座&料理教室」の実施、レシピ開発、

食健康コラムの執筆、また社員研修として食実践スクールの講師を担当しています。

 

お客様へ食育講座を開催する中で、

「もっとお客様にわかりやすく、実践しやすい内容をお伝えしたい」

「自分の中で軸になる食育の考え方を持ちたい」と思っていたところ、

協会の考えに深く共感し、もっと詳しく学んでスキルを身につけたいと受講を決意しました。

また受講して終わりではなく、その後のフォローが充実していたのも受講の決め手でした。

社員研修として「食実践スクール」を導入することで、

社員一人ひとりの健康意識・知識の向上につながりました。

 

健康食育シニアマスターの誇れるところは、皆が実践者だということです。

皆、お米や雑穀が大好きなはずです(笑)

この考えを伝えたい!と思われた熱い志を持った方にこれから受講いただき、

一緒に健康食育を伝えていければ嬉しいです。

(稲岡友美さん/大阪府・調理器具販売会社勤務)

 

 


 

畑中

 

賞を受賞したことを励みに、地域の食育活動に活かしています。

お米屋さんんとして「お米で健康で幸せになってほしい」という願いから受講しました。

この講座を受講したことで、自分自身の活動に自信が持てるようになりました。

 

シニアマスターとして活動していく中で、たくさんの良い出会いがあり私自身が

成長できていると感じます。

また、2015年の健康食育AWARDで大賞を頂くことができました。

ごはんが好きな方や食に興味のある方は、ぜひ健康食育の門をたたいてみてください!

(畑中信洋さん/大阪府・米穀店経営、5つ星お米マイスター)


kaneko

 

どのような案件が来ても、健康食育の考え方が軸としてあり、

自信をもってお仕事ができるようになりました。

千葉県、東京都を中心に管理栄養士として、企業様向けレシピ開発、

撮影・集団給食施設におけるレシピ監修・コラム執筆・セミナーなどのお仕事をしています。

自分がお米を食べるようになり太らなくなったことの原理を勉強したかったということ、

またフリーランスという働き方をするにあたり、考えの軸をしっかり持ちたいと思い、

プロデューサー養成コースを受講しました。

 

「お米を食べて太らなくなった」というメカニズムを知ることができ、

またどのようにアウトプットしていくかを、プロデューサー養成コースで学んだことをきっかけに、

実体験を踏まえた情報発信を行えるようになりました。

私自身フリーランスとしての自分の立ち位置を把握し、目指す方向を知ることで、

焦りなくコツコツ努力し「前進あるのみ!」とう思考にシフトできたことはとても大きかったです。

また、セミナーを行う際にも自分が何を伝えたいかだけでなく、

相手は何を望んでいるのか、聞き手目線でセミナーの内容を構築できるようになりました。

 

このコースは、生涯元気に過ごすために自分の健康の軸を持ちたいと思われている方、

食についての情報発信に違和感を持っている方、

社員の仕事効率や健康を考えられている会社経営者、

エステなど体の外からの美容についてのお仕事をされている方におすすめです!

(金子あきこさん/千葉県・節約美容料理家、管理栄養士)

 


 

 

pcourse

 

【開催日】 

① 健康食育ジュニアマスター講座

プランA、B、どちらかで受講いただきます。

 [受講プランA]  通信講座(DVD学習)

  お申し込み後、ご自宅で学習を開始頂けます。

 [受講プランB] 土日集中講座:全4日間〈東京もしくは大阪〉

  東京会場:前半(健康理論) 2017年8月26日(土)、8月27日(日)

       後半(食事理論) 2017年9月30日(土)、10月1日(日)

  大阪会場:前半(健康理論) 2017年9月2日(土)、9月3日(日)

       後半(食事理論) 2017年10月14日(土)、10月15日(日)

 

 

② 健康食育シニアマスター講座

プランA、B、どちらかで受講いただきます。

(Bは後半3、4日目を東京もしくは大阪会場で受講いただきます)

 [受講プランA]  土日集中講座:全4日間〈東京会場のみ〉

  前半:2017年10月28日(土)、10月29日(日)

  後半:2017年12月2日(土)、12月3日(日) 

  ※12月3日に検定試験:筆記、実技があります。この日は10時~15時までです。

  ※2日目終了後にシニアマスター活動ガイダンスを開催予定です。

 

 [受講プランB]  動画による自宅学習 +〈東京もしくは大阪〉土日集中講座

  前半:動画(youtube)による自宅学習

     学習期間:2017年11月1日(水) ~ 11月17日(金) 

 

  後半:2017年12月2日(土)、12月3日(日)  東京会場

                                       or

     2017年11月25日(土)、11月26日(日) 大阪会場

 

 ※後半を東京会場で受講する方は、

  12月3日(日)に検定試験:筆記、実技があります。この日は10時~15時までです。

 ※後半を大阪会場で受講する方は、

  11月26日(日)に検定試験:筆記、実技があります。この日は10時~15時までです。

 ※2日目終了後にシニアマスター活動ガイダンスを開催予定です。

③ プロデューサー研修

 2018年1月~3月に開催します。

 健康食育シニアマスター講座受講後、資格取得者にお伝えします。

 

 【時間】

 10時~18時(シニアマスター2日目のみ10時~15時となります)

 

 【場所】

 会場詳細はお申込みいただいた方に連絡いたします。

 

 

 

 

 【定員】

 30名  ※残席わずか

 

 【価格】

 通常価格 654,000円(税込706,320円)

 →特別価格 600,000円(税込648,000円)

 ※入金をもってお席の確保とさせていただきます。

 

2017年9月15日(金)までにお申し込みいただいた場合は、

550,000円(税込594,000円)で、このコースのすべてを受講いただけます。

期間修了後は通常価格での受講となります。

 

 

今すぐ講座に申し込む

 

 

 

【本講座に関するお問合せ】

TEL: 03-5919-7337(平日10時~18時) メール: info@jhe.or.jp

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー