このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

【お知らせ】 健康食育シニアマスター活躍情報!

「学びの食卓(まなしょく)」を運営されている、武藤麻代さん。
先日、浦和美園のイオンモールにて
食育イベントを開催されました。
ぜひレポートをご覧ください!
 
▼あなたの得意分野で「健康食育」を活かす!
健康×ビジネス収益アップセミナー【東京・名古屋・大阪】
いよいよ来週が今年度最後の開催です!
詳しくはこちらをご覧ください! 
 
 
**************************************************
以下に、武藤麻代さんのFB投稿記事をご紹介致します。
 
【食育イベント@イオンモール浦和美園店】
 
~大人の食育プロジェクトに寄せて~
先週末11/26(土)にイオンモールにて開催した
食育のワークショップ。
「和食で体質改善!食べながらエクササイズ」と題して
イオンさんに来店された皆さんと楽しく過ごしました。
 
今回は参加される皆さんが気軽に楽しく学んだことを
その場で実践、体感・体得していただいて
ジブンゴトに落とし込むストーリーを展開。
 
先人たちから受け継がれてきた
日本食の中心にある「ごはん」と「お味噌汁」
そして私たちの「体がもつ機能(今回は咀嚼にフォーカス)」、
この3つの合わせ技で体質を改善する術をお話しました。
 
まず始めに、普段の食事で一口何回噛んでいるか、
小さな塩おむすびで実際に確認。
「いただきます!」の合図と共に、
それぞれに回数をカウントし噛んだ回数を記憶にとどめておきます。
推奨される一口30回は意外と大変だという人も少なくありません。
 
そこで、
「なぜ噛まなきゃいけないの?」
「噛むとどんなメリットがあるの?」という咀嚼の訳と利点、
そして、
「ごはん」と「お味噌汁」は健康をつくる名コンビと言われる所以、
さらにこのコンビにひと工夫すると
より優れた食事になる秘訣をご紹介。
 
知識を得た後には、即実践する時間が待っています。
 
今度はおむすびとお味噌汁が目の前に運ばれ、
再び「いただきます!」の合図と共に、
一斉に一口ごはんを口に入れ、
静かにゆっくりとカウントしながら噛んでいきました。
 
プログラム中交わした言葉のキャッチボールでは
「日頃から50回は噛んでいるのよ。」という声や、
普段は7、8回しか噛めていない方々から
「ワークショップの終わりには30回近く噛めました!」
との嬉しいコメントも。
「90回以上噛めたよ!」と話してくれた強者小学生も、
ご家族と元気に参加してくれました。
 
「自然と咀嚼回数を増やすコツを踏まえ、
何をどのように食べたらエクササイズできるのか」、
また、「食で体質が変わるだけでなく、皆さんが体質を変えられる」
ことを体験・体感していただいたワークショップ。
 
本番前の仕込みでは、ドリフのコントか?!
と思わず笑ってしまうほどのハプニング続きでしたが、
当日関わってくださった皆さまのご尽力により、
瞬時にして連携できるチームワークで乗り越え、
盛況のうちに終えることができました。
 
企画段階から関わってくださった田井中さん、
イオン並びにイベント運営の関係者さま、
その他ご支援いただきましたすべての皆さまに心より御礼申し上げます。
 
健康食育シニアマスターとしても、
『学びの食卓』のスキームを採り入れながら、
マジメなことをオモシロく、食育活動の充実を図ってまいります。
今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
1212-1
 
1212-2
 
1212-3
 
1212-4
 
1212-5
 
1212-6