このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

【お知らせ】健康食育AWARD2016  審査員を紹介します。~Part2~

8月18日に決戦大会が開催される、健康食育AWARD2016審査員、
お二人目はプロテニスプレーヤー杉山愛さんのお母様で、
順天堂大学 女性スポーツ研究センター 研究員でもある杉山 芙沙子氏です。
 
----------------------------------
〜プロフィール〜
杉山 芙沙子(すぎやま ふさこ)
----------------------------------
 
・パーム・インターナショナル・テニス・アカデミー校長
・JOC ペアレンツサミットプロデューサー(文部科学省支援事業)
・一般社団法人 次世代SMILE協会 代表理事
・一般社団法人 日本健康予防医学会 理事
 
▼経歴
・聖心女子大学文学部心理学科卒業
・早稲田大学大学院スポーツ科学研究科(平田竹男研究室)修了
・順天堂大学大学院医学研究科医学専攻博士課程(小林弘幸研究室)在学中
 
・1997 年 杉山愛をサポートするチーム「チーム愛」のディレクター
・1998 年 茅ケ崎市にパーム・インターナショナル・テニス・アカデミーを設立
・2001 年 「チーム愛」のディレクター&コーチ
・2004 年 文科省スポーツ功労者顕彰受賞
・2010 年4 月 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科(平田竹男研究室)に入学。
 日本のトップアスリート(杉山愛、錦織圭、石川遼、宮里藍ら)の両親の
 子育てに着目した論文を執筆、優秀論文賞受賞
 
・2011 年3 月 同大学院修了
・2013 年4月 スポーツ産業学会にて奨励賞受賞
・2014 年6 月 一般社団法人次世代SMILE 協会を設立、代表理事に就任
 
-----------------------------------------
 
トップアスリートのコーチング、関わりから得られた
「その人の持つ力を最大限に引き出す」ことを「DualGoal=スキル×人」
というスローガンが元に活動。
 
全ての人が、各々の強み、弱みを気付き・受け入れ、
スキルと人としての両方を成長していくことを提唱している。
 
「チームビルディング」「コーチング」「スマイルマネジメント」
などの手法を取り入れ、スポーツコーチ、子どもたちに関わる両親、
保育園の先生、そして企業を対象に活動を行っている。
 
▼著書
--------------------------------------------
『一流選手の親はどこが違うのか』
--------------------------------------------
 
元プロテニスプレーヤー杉山愛の母親である杉山芙沙子が、
石川遼、宮里藍、錦織圭の親たちに聞いた「子育ての黄金法則」。
 
石川遼、宮里藍、錦織圭。日本を代表するアスリートの彼らは、
そのプレーだけでなく、
人間性の素晴らしさでも人々を魅了する存在となっている。
 
彼らの親は、いったいどんな方法で「あんないい子」を育てたのか?
そこに普遍的な法則はあるのか?
 
母としてコーチとして杉山愛を
世界的テニスプレーヤー(世界シングルスランキング8位、世界ダブルスランキング1 位)
に育てた杉山が、トップアスリートの親たちと共に探る「人間力育成」の極意。
 
スポーツという枠にとらわれない普遍的な教育本として好評。
 
--------------------------------------------
『杉山式スポーツ子育て』
--------------------------------------------
 
世界で活躍するトップアスリートの子育てにはある共通項があった。
 
本書は、実の娘であり、コーチとして指導した
プロテニスプレーヤー杉山愛引退後、
早稲田大学大学院・スポーツ科学研究科にすすんだ杉山初の育児本。
 
「トップアスリートたちは、どうしてあんなに高い人間力と
 すてきなオーラを持っているのだろう」という疑問は、
「人間力を高めるツールとしてのスポーツ」の効能をまとめる原動力に。
 
日本のトップアスリート(杉山愛、錦織圭、石川遼、宮里藍ら)の
両親の子育てに着目した「優秀論文賞」をベースに、
「子どもは社会からの預かりもの」という考えの杉山自身の子育て論を
惜しみなくまとめている。
 
子どもの可能性(伸びしろ)は5歳で8割決まる。
そのために、いま両親がすべき10の習慣とは。
 
本書は「トップアスリートを育成するための本」ではなく、
スポーツと「人間力」の関係に着目し、
スポーツと子育ての上手な付き合い方と効果がしっかりとわかる内容。
 
子育てに悩む、お父さん・お母さんにぜひ読んで頂きたい一冊。
 
--------------------------------------------
『コラボレーション-母と娘の世界挑戦-』
--------------------------------------------
 
テニス界で世界の頂点をめざす母と娘の戦い。
17 歳でプロに転向して以来、常に世界の第一線で活躍してきた杉山愛。
過酷なツアーの中で人間的にも技術的にも
その進化をサポートしてきたのが母・芙沙子だった。
二人がつづる信頼と努力の軌跡。
 
 
★AWARD2016ファイナリスト決定!
詳しくはこちらをご覧ください。
 
★========================★
8月18日東京・新宿明治安田生命ホール
~健康食育AWARD2016決戦大会~
▼チケットはこちら から!
★========================★
 
-----------------------------
大注目の基調講演は必聴!
経済産業省 ヘルスケア産業課 課長
江崎 禎英(えさき よしひで) 氏
「超高齢社会への対応 
-生涯現役社会の構築を目指して-」
-----------------------------
 
【健康食育AWARD 2016 開催概要】
開催日時: 2016年8月18日(木)
      [AWARD決戦大会] 13:00~17:00 (12:30開場)
      [懇親会]17:30~19:30
 
開催場所: [AWARD]新宿明治安田生命ホール
      〒160-0023 東京都新宿区 1丁目9−1 明治安田生命新宿ビルB1F
      JR山手線・小田急線・京王線 新宿駅西口から徒歩1分
      ※駐車場はございません。
 
[懇親会] SKYGUILD(スカイギルド)※立食形式です
      〒163-0290 東京都新宿区西新宿2−6−1 
       新宿住友ビル49階 
     JR山手線・小田急線・京王線 新宿駅西口から徒歩8分 
※地下の動く歩道をご利用ください。
     AWARD会場(新宿明治安田生命ホール)から徒歩8分
     ※駐車場はございません。
     アクセスはこちら です。
 
申込方法:Peatix専用ページ よりチケットをご購入ください。

AWARD入場券 3,000円(当日券3,500円)
懇親会のみへの参加 7,000円
AWARD入場券&懇親会セット 9,000円
 
主催  : 一般社団法人 日本健康食育協会
後援  : 読売新聞東京本社
基調講演: 経済産業省 ヘルスケア産業課 江崎 禎英 氏
審査員 : (五十音順)
      柏原 幸代 一般社団法人 日本健康食育協会 代表理事
      黒井 崇雄 氏 読売新聞東京本社 編集局生活部 部長
      清水 国明 氏 森と湖の楽園 楽校長
      杉山 芙沙子 氏 順天堂大学 女性スポーツ研究センター 研究員
      森谷 敏夫 氏  京都大学 名誉教授
 
【本件に関する問い合わせ先】
健康食育AWARD 運営事務局
(一般社団法人 日本健康食育協会)
事務局運営時間 平日10:30~16:00
〒160-0006 東京都新宿区舟町8-2 石橋興業舟町ビル3階
Tel : 03-5919-7337
Fax : 03-5919-7336
 
727-1